わっかnない

日々の発見を記録しよう
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< がれき受け入れ問題講演会 | main | 北九州市での震災がれき受け入れについて思うこと >>

【転載】4号機プールの危機に国際的対処を

 
日本全国の皆様へ

危険なセシウムが含まれる巨大な使用済み燃料プールは今なおむき出しの状態で、チェル 
ノブイリ事故で放出された量の10倍にあたる有毒な放射性物資をいつまき散らされてもお 
かしくない状況にあると、専門家たちは警告しています。政府は私たちの安全を守れずに 
います。今こそ国際社会に支援協力を要請しましょう。

爆発で壊れかかった福島第一原発4号機の使用済み燃料プールは、次の地震や津波に耐え 
られないかもしれません。プールから冷却水が流出するのは時間の問題です。そうなれば 
核燃料火災を引き起こす恐れがあり、首都圏に住む3,500万人も避難を余儀なくされま 
す!現在、72の団体や専門家が警報を鳴らし、国連主導の独立したアセスメントチームを 
設置する緊急対策を呼び掛けています。日本は危機的な状況にありますが、今私たち皆が 
声を上げれば、国連を説得し大惨事を防ぐことができます。

第二の福島原発事故を阻止できるかどうかは、私たちにかかっているのです。国連の潘基 
文(バン・キムン)事務総長に、直ちにこの危機的な状況に取り組むよう要請しましょ 
う。以下のリンクをクリックして嘆願書に署名し、お知り合いの皆さまにも転送してくだ 
さい。5万人分の署名が集まりましたら、Avaazスタッフがニューヨークの国連本部に直接 
届けます:

http://www.avaaz.org/jp/cesium_red_alert/?tta

日本で再び原子力災害が起きてしまったら、私たちの生活は一体どうなってしまうので 
しょうか。数百万もの人が避難を余儀なくされるだけでなく、経済的な打撃によって国は 
疲弊し、今後幾世代にもわたり環境や健康に恐ろしい結果がもたらされることになりま 
す。福島第一原発4号機の現状はまさに、いつ爆発するかわからない時限爆弾のようなも 
のです。

福島第一原発事故を早く過去のものにしましょう。国連の潘基文事務総長に独立した評価 
のできる専門家チームを派遣するよう要請し、この途方もなく危険な存在に決着をつけま 
しょう。今すぐ嘆願書に署名し、お知り合いの皆さまへの転送もお願いします。署名は 
ニューヨークの国連本部に直接届けられます。

野田総理に信頼できる原子力規制庁を一日も早く作るよう求めましょう。署名が2万人に 
達した時点で皆様の署名を野田総理に届けます。

http://www.avaaz.org/jp/cesium_red_alert/?tta

福島第一原発事故の脅威にさらされ続ける中、恐怖におびえ、くじけそうになってしまい 
ます。けれど私たちは一人でありません。共に力を合わせれば、私たち皆が望む安全で豊 
かな未来を実現できることを、このグローバルコミュニティーは繰り返し証明してきたの 
です。

希望と決意を込めて

ジェイミー、路、キア、エミリー、ミシェル、リッケン、ジュエ  Avaazチーム一同

詳細情報 (日本語&英語):

朝日新聞:4号機:工事ミスに救われた震災時の福島第一原発 (日本語)
http://digital.asahi.com/articles/TKY201203070856.html

グリーン・アクション:野田総理と潘基文・国連事務総長に要請を!(英語)
http://www.greenaction-japan.org/modules/wordpress0/index.php?p=96

朝日新聞: 福島第一原発4号機の最終シナリオ(英語)
http://ajw.asahi.com/article/behind_news/social_affairs/AJ201205100051

ベロナ:危機迫る福島原発の燃料棒(英語)
http://www.bellona.org/articles/articles_2012/fukushima_spentfuel

*AVAAZについて*

Avaaz.orgは世界の人々の声や価値観が政策決定に反映されるよう世界規模でキャンペー 
ンを行う非営利団体です(Avaazは様々な言語で「声」を意味します)。Avaazは政府や企 
業から一切資金援助を受けず、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨーク、パリ、ワシ 
ントンDC、そしてジュネーブを拠点とするスタッフにより運営されています。 +1 888 
922 8229
自然/文明 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kichihiro.jugem.cc/trackback/158
この記事に対するトラックバック