わっかnない

日々の発見を記録しよう
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 【記録】稚内に震災がれき? その後 (5月分) | main | 稚内産ナマコの輸出がゼロになったわけ >>

『内部被ばくを生き抜く』稚内上映会



<上映会日程>
  7月12日(木)午後6時30分〜 (開場6時)
  7月14日(土)午後2時30分〜  (開場2時)
ともに、稚内北星学園大学 新館4階大教室にて

入場料500円(前売り・当日とも/中学生以下無料)

主催:「内部被ばくを生き抜く」稚内上映実行委員会
 稚内 憲法を学ぶ会、高レベル放射性廃棄物施設誘致反対 稚内市民の会、核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会、新日本婦人の会 稚内支部、全日本年金者組合 稚内支部、日本科学者会議 稚内北星学園大学班

  *****************************

公式サイトはこちら

昨年実施した『100,000年後の安全』稚内上映会と同じ構成団体で主催します。

DVDを購入して、上映会をやったら入場者実数×500円を後払いすればいいという仕組みなので、「○○人集めないと赤字だ」というような心配がなく開催しやすくなっています。

先日実行委員会内部で試写会をやりましたが、わかりやすくできています。
お近くの方はご都合がつきましたらどうぞお越しください。

前回は上映中にチャイムが鳴るというご迷惑をおかけしましたが、今回は授業時間90分の枠の中に収まるように上映時間を設定しましたので、大丈夫です。


『放射性は器物−終わらない悪夢』の予告編を観て、これも上映会にいいんじゃないかと思いました。
で、DVDの発売元の竹書房に問い合わせたら、「フランスの権利元よりDVDの販売の権利だけを許諾されておりまして、弊社には上映をする、もしくは第三者に上映を許諾するという権利を持っておりません」「フランスの権利元であるTVARTE社のご連絡先をお伝えするなどのご協力くらいは出来るかと思います」とのこと。
言葉の問題があるのと、手続きが面倒そうなので尻込みしてます。

とりあえず実行委員会でDVDは購入することにしました。家庭での視聴のための貸し出しも検討しようかという話になっています。
『100,000年後の安全』も手に入れますので、見逃した方にお貸しできるかもしれません。
自然/文明 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kichihiro.jugem.cc/trackback/163
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2012/08/17 1:10 AM