わっかnない

日々の発見を記録しよう
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 津波4mで孤立する(?)稚内 | main |

【記録】稚内に震災がれき? その後 (7月20日)

■日刊宗谷 2012年7月20日
災害廃棄物 現地視察で岩手県へ 北海道主催
今後の対応材料に 工藤市長 定例記者懇で明かす
 工藤広稚内市長は、道が27日に岩手県で実施する災害廃棄物(がれき)の現地視察に参加することになった。19日に開かれた定例記者懇談会で同市長が明らかにした。同市長は記者からの質問に対し「視察を終えたあと、(がれきを受け入れるかどうか)話が展開するかどうかは、今のところ分からない。ただ見てきたとはならないので、帰ってきてから色々な人に相談したい。報告する場についても考える」などと述べ、慎重な姿勢を崩さなかった。(佐々木巧)
 
 同市長は、今年3月の定例市議会一般質問で、東日本大震災で発生した岩手、宮城県の震災がれきについて「受け入れ可能」と意思表示していたことを明かした。その後、市民の間では賛否両論が渦巻き、同市長は市民とのふれあいトークなどで「放射能をまるまる受け入れるとは言っていない。出来るものなら受け入れてあげたい気持ちだが、まずは市民の安全が第一」などと説明、理解を求めてきた。その後、市民の間でもこの“がれき受け入れ問題”が話題になることも少なくなっていた。
 そして今回、道が岩手県の現地視察を行うことになり、同市長は「受け入れる、受け入れないを別にして、道には情報がほしいと言い続けてきたので、それに応えてくれたと思う。(がれきを)持ってくるという話ではなく、今後の対応に向けての材料にしたい」などと話した。
 現地視察には同市長と古川裕輝生活衛生課長が参加。岩手県沿岸地域の宮古市、釜石市、陸前高田市、山田町、大槌町の破砕・選別施設の稼働状況のほか、市街地などを視察する予定。現地では、自治体によって違いはあるが、がれきを可燃物と不燃物、資源物の概ね3通りに分けているようで、これらの分別状況や量、放射能濃度などの情報を収集する。

■稚内プレス 2012年7月20日
市長自らが視察/大震災被災地 放射線量調査も実施
 工藤市長は19日の記者懇談会で、27日、岩手県沿岸地域を視察し震災がれきの放射線量調査などを行うことを明らかにした。
 工藤市長はこれまで市民の安全を第一に考えた上でがれきを受け入れたいとの意志を表明していたものの、受け入れた場合の広域処理問題など北海道から何も情報がないとしていた。今回の視察は道環境生活部災害廃棄物グループが実施者となり、それに稚内市が同行する形で工藤市長と古川生活衛生課長が現地入りする。
 視察先として宮古市、釜石市、陸前高田市、山田町、大槌町の5市町を予定し、がれきの破砕、選別施設などの稼働状況ほか、選別後の可燃物、不燃物などの性状やや量、放射線量などを確認したい−とした上で、工藤市長は「色んな地域のじょうきょうなどを見て来たい。今後、自分自身が言ってきたことの判断材料にしたい」とし、視察後の報告については「報告する場を設けることを考えたい」と述べていた。
 宗谷開発期成会(会長・工藤市長)として22日から東京、札幌で要望活動を終えたあと、そのまま岩手県入りするとした。

- | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする