わっかnない

日々の発見を記録しよう
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 安全か自由か | main | ことばの“みだれ” >>

「丸い形」--このことば間違いなの?

道新2005年1月28日の記事、「小学生 使わない漢字書けない」を見て少々ドキッとした。
 大統領の「統」、地層の「層」などの漢字が20年前より書けるようになっている一方、秋分の「秋」、「本(もと)を正す」の「本」、「五戸(こ)」の「戸」などを書けない小学生が増えていることが27日、財団法人総合初等教育研究所の漢字の読み書き調査で分かった。[…]「赤十字」は五年生の半数近くが「あかじゅうじ」と読む。
  […]
 「秋分」は「春分」と間違えた子どもが多く、「しゅうぶん」と「しゅんぶん」が区別されていないことが分かる。こうした音が似ていたり同じだったりすることによって間違っているのが多い字には、「私」を「わたし」と読む▽「半ば」を「中ば」と書く▽「円い形」を「丸い形」と書く--などの例が見られた。

なんでドキッとしたかというと、僕自身が「丸い形」と平気で書いてしまいそうだからだ。それに、「私」を読み上げるとしたら「わたくし」だなんてまどろっこしくて言ってられない。

僕はふだん間違っていたのだったか!
(「ふだん」は「普段」は間違いで「不断」だと聞いたことがあるけどはっきり覚えてないのでひらがなにしておく)

ちょっとだけ調べてみた。

広辞苑では「まる・い【円い・丸い】」と併記し、「「円」は、主に平面的に見た形が円形の場合に使う」と注記してある。厳密に「丸い形」でだめなわけではないようだ。それにこの注記に従えば、立体物を思い浮かべながらだったらむしろ「丸い形」の方が適切だということになるではないか。
「わたし」だってちゃんと広辞苑に載っている。「わたくし」よりくだけた言い方、っていう注記があるが、それはつまり状況によっては「わたし」の方が適切だということだ。

前提とされている<正しいことば>自体を疑ってもいいんじゃないか。
ことば/文化 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kichihiro.jugem.cc/trackback/41
この記事に対するトラックバック